コラム

日本酒の美味しい飲み方

日本酒は今や日本だけでなく世界でも「SAKE」という言葉で通じるほど、注目を集めているお酒です。日本酒には幅広い飲み方があり、季節に合わせたりご自身の気分に合わせたりして楽しめます。お好きな飲み方をお選びください。

燗酒(かんざけ)はお酒を温めて飲む方法で、熱燗と言い表すことの多い飲み方です。燗酒は日本酒をどれくらい温めるかで、呼び方が若干変わってきます。熱燗は約50度まで温めたお酒で、徳利の底部分に指をあてとても熱いと感じる熱さです。ぬる燗は約40度まで温めたお酒で、徳利の底部分が若干熱いと感じるくらいが目安となっています。人肌燗は約35度まで温めたお酒で、徳利の底部分が肌と同じくらいの温かさが基準です。自分が美味しいと思える温度で飲むのがおすすめです。

冷酒

冷酒はお酒を冷やして飲む方法で、飲み頃はビールなどと同じ約7~10度となっています。今では、一般的に飲まれている飲み方といえます。冷酒用のグラスに氷を入れて飲むのもいいですし、冷蔵庫に冷やしておけば気軽に冷酒を楽しむことができます。どんな料理とも合わせやすい冷酒は、吟醸系の日本酒が最も合います。

焼酎に関するお話

常温で日本酒を飲むことを「ひや」といいます。常温でもそのまま日本酒を飲むという訳ではありません。室内の温度と合わせて飲むのがポイントです。夏には冷やして、冬には温めてと季節ごとに合わせて飲むと美味しく飲めます。約15~20度がひやの飲み頃の温度となっています。

海鮮酒場さしみ~やは、鶴岡にある海鮮居酒屋です。多数の日本酒を取り揃え、海鮮居酒屋ならではの新鮮な刺身をいただくことができます。宴会コースは料金別で分かれていますので、予算に合わせてお好きなコースをお選びください。ゆっくりとくつろげる個室やお得料金で食べられるランチも、人気を集めております。

鶴岡周辺で海鮮居酒屋をお探しの方は、ぜひ海鮮酒場さしみ~やをご利用ください。

燗酒(熱燗・ぬる燗・適燗・人肌燗)

鶴岡の海鮮居酒屋で人気の日本酒を|さしみ~や